夫婦でうつ病になることの現実と問題点。

私たち夫婦は、2人ともうつ病経験がある。私は既に寛解していて、夫は現在回復期。ようやく夫婦共にうつというものから脱しつつあるけれど、2人してうつになるというのは、結構やっかいなものである。

スポンサードリンク

 

 

 

 

a0800_000045_m

 

なぜ2人してうつになるのか

私たち夫婦の場合、出会ったときに私が既にうつ病だった。一緒に過ごしていく過程の中で、夫が発症してしまったのである。

私の発症した原因は夫とは全く関係ないけれど、夫が発症した原因は8~9割は私にあると思っている。病気の人間を抱えるというものすごいストレスがかかっていたから、夫は発症した。夫に聞いたら、否定するけどね。

夫の場合、相談できる相手がいなかったこと、もともとストレス耐性が強くなかったことが、追い打ちをかけた。それでもなんとかやってこれていたのに、過去最大の過酷な状況で、夫は潰れてしまったのだ。

 

うつ病は、今でこそ誰もが知る病気になっているけれど、まだまだ偏見が多い。理解も少ない。それ故、まわりに話しにくいという現実がある。患者を支える家族が孤立してしまうのだ。外では何もないように振る舞って、家に帰ってきたらものすごいブラックオーラをまとった家族と過ごさなくてはならない。気が付いたら、自分も暗い気持ちで支配されるようになっていた…なんてことは、少なくないと思う。私の夫はこのパターンだったんだと思う。一人で立っていることに疲れてしまったのだ。

 

 

 

夫婦うつを乗り越える難しさ

夫婦でうつになってしまった場合、回復するのが難しい。これは一般論じゃなくて私の経験談だけど、 実際に他の人がなってもそうじゃないかと思う。

 

例えば、どちらかが落ち込んでいるとき。片方がうつでないなら、どうにか明るい方向へ持っていこうとすることができる。けれど、どちらもうつだった場合、お互いのうつが相手のうつ症状を引き起こすことになり、悪循環に陥ってしまう。どちらかの調子が上向いたとしても、どちらかの調子が悪くなってしまうと、それにつられてまた悪くなってしまう。よくなるタイミングを逃してしまうのだ。

最悪の場合、2人で心中、なんてことにもなりかねない。私たち夫婦の間にも、「2人で死ぬか」なんて言葉がちらりと出てきたことがある。うつがひどいと外に出ることもできないから、止める人もいない。見つけてくれる人も、もしかしたらすぐには現れないかもしれない。そんな大きなリスクが存在している。

 

また、2人とも働けなくなってしまった場合に生活が成り立たなくなってしまう。休職して傷病手当金をもらうとか、生活保護とか、なんとか切り抜ける手段もあるけれど、2人してうつ状態だと手続きも困難になるかもしれない。調べたり誰かに聞いたりもできないから、あるはずの手段を知ることもできない。

日常生活の面においても、食事を作ったり掃除をしたりっていうところができなくなって、うつを治すための環境が作れなくなる。栄養や休養はうつを回復させるのにとても重要だから、日々の生活がきちんと送れないと悪化の一途を辿ってしまう。

 

 

これらの問題を解決してくれる存在が、自分たち以外にいれば何とかなるかもしれない。親とか、兄弟・姉妹とか。でも、一緒に生活するのが2人きりとなると厳しい現状には変わりがないかもしれない。

 

 

 

まとめ

私たち夫婦がどうにか、あと少しでうつから抜け出せる、というところまでこれたのは、発症にずれがあったのが幸いだったんだと思う。私のうつが回復してきたところでの夫の発症だったから、なんとか持ちこたえられたんだろう。

でも、それでも最初は症状の揺り戻しみたいなものがあって私自身もつらかった。これが、私の症状が重い時の発症だったらと思うと怖くなる。

うつ病患者の家族は、孤独になりやすいから。誰でもいいから近くの人に助けを求めてほしいと思う。

 

 

 

 

 

Health, こころ, 家族

, ,

夫婦でうつ病になることの現実と問題点。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事

この記事へのコメント