あなたのやる気スイッチ本当に入ってる?スイッチONにする2つの方法

某学習塾TVCMで、生徒のやる気スイッチを探してぱちっと入れる、なんてものがありましたが。現実にはうまくいかないもので、なかなかこのスイッチはONになりません。

こうなったらいいな、なんて想像はたくさん出来るのに、なぜスイッチを入れることが出来ないのでしょうか?どうしたら、ONにすることが出来るのでしょうか。

スポンサードリンク

 

 

 

 

PAK82_gannbattekudasai1039

 

具体的なビジュアルを思い浮かべる

1つめの有効な方法は、目標や夢が叶った姿を具体的に思い浮かべること。

私はここ数年ずっと、ダイエットをしたい!と思っていたものの、実行することが出来ませんでした。始めても続かないし、楽な道をついつい選んでしまいがちで。

それを脱することが出来たのは、痩せた後にどうしたいかを具体的にイメージすることでした。

 

ダイエットがなぜうまくいかなかったか

これまで、「痩せたら新しい服を買おう」と思って、痩せていない自分には似合わないからと、ファッション誌を見たりアパレルショップを見たり、ということを避けていました。そうすると、ダイエットのつらさばっかりがクローズアップされてしまって、うまくいかないのです。

今は、似合わないかもしれないけれど、あえて見るようにしています。もう少し足がキレイになったらこのパンツを、腕が細くなったらこのシャツを…と、痩せた後にそれらを着こなしている自分を想像するんです。そうすると、そこに向かって早く進みたいから、がんばろうという気になります。

 

 

憧れの人やものに実際にふれる

そして、やる気スイッチを俄然押してくれるのが、憧れの人やものの存在。

働き方、体型やファッションなどのスタイル、それらが自分にとって理想だと思う人に実際に会うこと。こんなものに囲まれて暮らしたい、こんな環境で生活したい、などと思えるようなものや場所を見に行くこと。

自分もそんな人になりたい、こんなふうに生きていきたい、そんな思いを後押ししてくれます。

 

私はセミナーやイベントに出掛けて行って、モチベーションを高めたりしています。憧れていた人も、話をきくと意外に気さくだったりして、同じ人間なんだと思って(当たり前だけど)、親近感を感じます。憧れの人を少し近くに感じると、自分もがんばれば近づけるかもしれないと思っちゃうんですよね。そのいい意味での思い込みも大事だと思っています。

 

 

 

途切れてもいいから続ける

なりたいものになるには、夢や目標を叶えるには、とにかく挑戦を続けなくちゃいけないわけで。でも、なかなかスイッチが入らないから、続かなくて。そういうことが、私にも何度もありました。ちょっとだけやってみて、面倒だしいいかな、なんて思ったことも数知れず。

でも、いったんやめてしまったって、またやってみるんです。何回休んでもいいから、もう一度やってみるんです。

そんなことをしているうちに、次に途切れるまでの間隔が少しずつ長くなっていきます。その理由は、がんばっている自分に酔っている部分であり、ほんの少し成果が見えた喜びでもあったりします。

続けてる私、エライ!って思っているうちに、ほんの小さな変化が見える。そうすると、もっとやる気が出る。スイッチは、押したつもりでもすぐにOFFになっているから、なんども押してみようと試みることが大事。続けているうちに、しっかりと、確実にONになるときがきます。

 

 

 

 

まとめ

結局のところ、簡単にやる気スイッチなんて入るもんじゃないよなって思ってます。

迷って、やってみて、挫折して、また少しやってみて、って繰り返すことと、自分のなりたいビジョンを明確にすること。自分の気持ちを何度も刺激することが、本当にスイッチをONにすることにつながるのかな、と思います。

きっと、押そうと思ってすぐに押せるものじゃない。結局、地道にやっていくしかないんです。

 

 

 

今日のおまけ

2014-05-03 20.45.03

昨日に引き続き、夫の実家に行ったときの1コマ。もものオモチャを取り上げちゃって、放したくないから鼻先にくっつけて寝ているサーフです。

ももが取り返しに行こうとすると、「うーーーー」とうなって威嚇します。悪いことしたのはキミですよー??

 

 

 

 

 

Health, こころ

,

あなたのやる気スイッチ本当に入ってる?スイッチONにする2つの方法

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事