転機が訪れたらプロフィール写真を変えてみよう

昨年末、プロフィール写真を新しく撮ってもらいました。

いろんなことがあっての再スタートだったから、気分を変えてみたかったのです。

すでに何か転機を迎えた方、これから風向きを変えたいと思っている方。その姿を写真に収めてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

カメラマンは信州在住

プロフィール写真を新しくするにあたって撮影をお願いしたのは、お友達の花村貴史さん。長野県松本市在住の写真家さんです。

「空気感フォトグラファー」と名乗るなむさんの写真は、その肩書きの通り、場の空気が伝わってくるような素敵な写真。共通のお友達の中にも、なむさんにプロフィール写真を撮ってもらっている人が何人かいるんですが、みんなすごくいい表情なんです。

次の写真はなむさんに撮ってもらいたいなぁと、実は密かにずっと考えていました。だから今回は、念願叶っての撮影だったんです。わーい!

 

最高の写真は好きな場所で、好きな人と

 

「SNSに使うプロフィール写真を撮ってもらおうと思ってるんだよね」と話すと、「それは遠くから見学してもいいの?」とか言い出したうちの夫氏。

なむさんに尋ねてみると、「いた方がいいですよ。 その方がいい表情になります、絶対に。」とのこと。

喜んだ夫はウキウキ同行して、終始撮影を見守っておりました。

 

 

撮影場所は、私が住んでいる横須賀市内にある三笠公園。海のそばで撮りたい、という私の希望に合わせて、なむさんに来てもらいました。出張ありがとうございます!!

撮影中、ところどころ確認のために「こんな感じで撮れてますよ」って撮ったものを見せてくれるんですけど、途中からその確認をしてたのは夫でした。すごい楽しそうでした。「いいと思うよ」って言ってたけど、たぶん脳内で200%美化されてたと思います。いや、300%か。

 

 

そんな浮かれた夫のために、「ダーリンセレクション」なる彼の好みの写真を集めたファイルも作ってくれたなむさん。これは、そのうちの1枚です。どこを気に入ったのかはよくわかりません。

 

以前は、自分の笑ってる顔ってあんまり好きじゃなくて、プロフィール写真もそういう感じのは避けてました。ちょっと強がってるような、すましたような感じの写真を選んでたと思います。

でも今回は、そうじゃないもの、わりと笑ってるものを選びました。なむさんが楽しく撮影を進めてくれたから、これが私の自然な表情なんだなーって思えたのが大きかったかな。

 

いい写真は気分を後押ししてくれる

 

プロフィール写真って、SNSとか使ってると、自分でも目にする機会が多いもの。その写真が変わると気分も変わるし、お気に入りの写真だとさらに気持ちいいです。このタイミングで変えて良かったな。

結婚だったり転職だったりの節目とか、気分を一新したいときに、プロフィール写真撮影おすすめですよー!

(ちなみに上の写真は、なむさんがおまけとしてプレゼントしてくれたものです。実は一番お気に入りだったり。)

 

Takashi Q. Hanamura Photography – 空気感フォトグラファー 花村貴史 公式サイト

Life

,

転機が訪れたらプロフィール写真を変えてみよう

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事