主体的に働く方が仕事は面白い。

2014/08/21

私の職場では、今更ながら職員の「目標管理」と「評価制度」を導入しようとしている。それ自体は、私は悪いこととは思わない。もっと他乃施設のいいところを取り入れて、よりいいものにした方がいいんじゃないかと思うくらい。

けれど、それについて発言していた先輩の発言にちょっとがっかりしてしまった。

スポンサードリンク

 

 

 

 

a0001_014959

仕事は評価のためだけにするものじゃない

仕事をがんばって、成果を上げた結果、評価を反映する形で給与アップしたりボーナスが増えていたりすると、もちろんうれしい。それが期待できるのであれば、働くモチベーションにもつながる。けれど、この評価ばかりを気にして働くのって、すごく虚しいなぁと思う。働く理由が、お金だけのような気になってしまうから。

今日、職場にいた先輩が、上司から評価制度の説明を受けていて、不満を口にしているのを耳にした。

 

「これって、普段やってる細かい仕事は反映されないんですよね?」

「だったら、業務改善とか、何もしない方がいいってことですよね?」

「評価されないんだったら、やっても無駄ってことですよね?」

 

そんな考え、私にはなくて。そこまで考える人っているんだ、と思ったのが正直なところ。そして、そんなに細かい評価を期待して働くのって楽しいのかな、面白いのかな、と疑問に感じた。確かに評価してもらえるとうれしい。でも、最初から評価を期待して働くのって違うんじゃないかと。

細かい業務改善も、人になかなか見えないような裏方の仕事も、自分や周りの働く環境を良くするため。効率を上げて、仕事をやりやすくすれば残務も減るし、他のことにも余裕を持って取り組める。結果、職場全体がうまく回るようになれば達成感もあるし、もしかしたら業績も上がって給与も良くなるかもしれない。そうなれば、やりがいも達成感も、評価も手に入れることになる。

これは評価される、評価されない、そんな基準で仕事を選ぶと、仕事の質は決して良くならない。自分で仕事のやりがいを見つけて、意欲的に取り組んで、それが周りよりも一歩抜け出したとき。そこまで頑張ったら、それまでの努力も日の目を浴びて、評価されるのではないかな、と思う。

 

 

 

 

大きな組織で細かく評価は出来ない

小さいところだったら細かく見てもらって評価して、人柄も含めて評価してもらえるなんてことがあるかもしれない。けど、うちも一応、いくつものクリニックを抱えるグループ法人だし、評価する人間が現場の細かいところまで気にかけることは難しいと思う。効率的に、公平に評価をするには、一定の評価基準が必要になる。

それ以外で評価してほしいと思えば、それなりにアピールする必要があるだろう。それが、普段の仕事に対する取り組み方だろう。気付いてもらうには、それ相応の努力が必要になる。周りと同じやり方をしていては評価してもらうステージにも立てない。まずは、既定のもので評価を受けられるよう、全力で取り組んだ方がいいと思う。

 

 

 

まとめ

とはいえ、私も仕事に主体的に取り組もうと思うようになったのは、つい最近。堀江貴文さんの「ゼロ」を読んだ影響も少なからずあると思う。

すでに足されていた小さな“イチ”-ゼロからスタートする自分の成長|光の射す方へ

 
今回の発言を聞いて、その先輩に対する見方が変わったのは確か。とても残念に感じて、ロールモデルにはできないな、と思ってしまった。こういう後輩からの評価も、実は大切なんじゃないかな、と思う。

 

 

 

 

 

今日のおまけ

2014-03-13 09.51.21

上目遣いマリン@キッチン。食事の支度とかしてると、なにかもらえないかとずーーーっと足元に。ふと下を見たら、この顔。キュン死。

 

Work

,

主体的に働く方が仕事は面白い。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事