「20代のうちにすべき〇〇」とかいう類のタイトルが大嫌いだ

よく、本や記事のタイトルで見かけるヤツ。「20代のうちに〜」とか「30代のうちに〜」とかいうタイトル。
私はこれが、大嫌いなんですよ。書いてる内容とか著者さんの問題でなく、ただ、その表現が好きじゃない。

なんでって?だって、年齢の括りにとらわれちゃったら、私なんにもできなくなっちゃうんだもん。

スポンサードリンク

 

 

何もできなかった20代

私は20代のほとんどを、うつ病との闘いに費やしました。だから、まわりの友人たちが経験してきたようなことは何も、できなかった。

「20代のうちに学んだことを、30代で活かしていくんだ」
そんなふうに話す人のことを羨ましく思ったり、自分に対して劣等感を持っていたこともしばしば。

30歳になったかならないかくらいの頃、本屋をぐるぐる巡っていたときに飛び込んできたタイトル。

「20代のうちに〜…」

それを見た瞬間、悔しいやら、悲しいやらで。
もう20代を終えてしまった私は、じゃあどうしたらいいのよって。それができてなかったら、私はこれからいい人生を送れないの?って。
そんな思いが渦巻いた。私は貴重な20代の時間を無駄にしたんだって思ってしまった。

だから、年齢括りのタイトルはキライなんだ。私の中のネガティブな部分を引き出してしまうから。

 

 

年齢へのこだわりを取っ払おう

だから私は、年齢のことを考えないようにした。
いくら歳を重ねたからって全員が立派なわけではないし、20代で推奨されていることを今やったって、別に悪いことではないじゃないか、と。

そのときできる、最良のことをする。今の自分にできる、最善の選択をする。それでいいじゃん、って。

過去のことを考えたって、どんなに悔やんだって、これから何かが変わるわけじゃない。
私が20代のうちに有益なことができなかったということは、今からどうあがいたって変わることはない。

だったら、何ができるか。

これから先に後悔することがないように、精一杯生きる。楽しく生きる。
年齢なんて、関係ない。今を生きている事実は、みんな同じ。

そう思ったら、だいぶ楽に生きられるようになった気がします。

 

 

今日のまとめ

年齢は、自分の生きてきた歴史を示すもののひとつだから、大事にしたい。
でも、こだわりすぎると苦しくなってしまうから。

今は、「毎年変わる背番号」くらいの気持ちで、自分の時間と向き合っていきたいなと思ってます。

 

 

想い事

,

「20代のうちにすべき〇〇」とかいう類のタイトルが大嫌いだ

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事