新年という素敵な人生の区切り。

新年って、迎えるたびに面白いなぁと思います。
だって、どんな生き方をしている人だって、年の暮れにはその1年に思いを馳せて、新しい年を迎えると気持ちを新たにするんだもん。

そんな私もこうして2016年1月1日を迎えて、また気持ちを新たにしています。

スポンサードリンク

 

 

私は普段、病院で働いているので、日付や曜日に関係なく仕事をしています。
いつもはその感覚を失いがちだし、年末年始だって関係なく働いているのだけど(そして今夜も夜勤です…)、この時期だけは意識してしまいます。

誰と会っても「今年ももう終わるね」「年が明けたね」って話から始まって。
みんなして大掃除して、年越しの準備して。
1年の振り返りをして、新しい年の夢や目標なんか考えちゃって。

日付とか行事に惑わされてるんじゃない、なんていう人もいるかもしれないけれど、私はこういう習慣っていいなと思います。

新しい年を迎えるっていう区切りがあるから、もう一度頑張ってみようかなって思えたりもするし。
実際はそうじゃないんだけど、何かがリセットされるような気もするし。
何かが変わるかもしれないって、変えられるかもしれないって希望を持っても許される気がするし。

そんなの、新年に限らずできることなんだけどさ。

でも、そういう区切りが、背中を押してくれたりするかもしれないじゃない?
いつもと同じ行事だとしても、一緒に迎える人や環境が違うだけで、自分の進んできた道を感じることができるじゃない?

そう考えると、昔からある暦とか行事って素敵なものなんだなって、この歳で改めて思いました。

 

 

そういえば、このブログも今日で2歳です。
また1年続けていったら、また違う景色を見せてくれるかな。

新年の素敵な区切り。今日からまた1歩1歩、着実に積み重ねていきたいです。

 

 

想い事

新年という素敵な人生の区切り。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事