宝くじが当たったら、あなたは本当に幸せになれる?

12月も1週間以上が過ぎ、2015年ももうすぐ終わろうとしています。
年末にかけて、にわかに周囲で話題になるのが、宝くじの話。「買いに行かなきゃ〜!」なんて、うきうきしている人も少なからずいます。

宝くじを買うこと自体は悪いことじゃないし、そりゃあ当たったら嬉しいだろうし、たまにはそんな夢を見たっていいでしょう。

でも、「当たったら仕事やめるのに…!」っていう思いを抱えている今のあなたは、そんな大金を手にして幸せになれるんでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

大金にかける「夢」

職場で宝くじを買おうとしている多くの人が、「当たったら速攻で仕事やめるわ〜」なんて話していたりします。
それを聞くたびに感じるんですよね。その人は、イヤイヤながらに働いているんだなって。

働かなくてもいいくらいのお金があれば、今すぐやめるのに。
本当はこんな仕事、したくないのに。

だから、ラクしてお金を手に入れられるかもしれないチャンスに賭けてみる。
一攫千金の夢を思い描いて、気楽に生きる自分を頭の片隅に想像してみる。
でもやっぱり当たらなくて、またイヤイヤながらも働く。

そんな、ネガティブ思考の繰り返し。

聞いているこっちが、ため息が出そうです。

 

そんな今のあなたは幸せですか?

一攫千金を夢見ながら、嫌な仕事を続ける人に聞いてみたい。
そんな働き方をしているあなたは、幸せですか?と。

週5日、1日8時間といった、自分の時間の大半を注いでいる仕事。
お金が必要だから、というだけでイヤイヤ働いているその状況は、幸せなんでしょうか。

宝くじに夢を見るのもいいけれど、普段の生活に幸せを増やす選択をするのも、大事なことじゃないのかな。

そんなにその仕事が嫌なら、別の仕事にしてもいい。働く方法なんて、いくらでもあるもの。
仕事中についているそのため息が、笑うことのできないその顔が、自分自身の幸せを遠ざけているような気がしてなりません。

 

e46d94f9e4f90fe0d87dd78277f043bd_s

 

努力しないで手に入れたお金では幸せになれない

私、思うんです。
普段から幸せを増やす努力をできない人が、何もせずにお金を手に入れても、幸せになれないんじゃないかって。

自分自身が毎日を楽しんで、まわりの人も幸せにしちゃうような人って、お金の使い方が上手な印象があります。
自分のためにもまわりのためにもうまくお金を使って、結果、いい循環でお金も増えているような感じ。
幸せな人のお金の使い方は、まわりの人も幸せにしてくれる。見ていても心地がいいです。

けれど、毎日をイヤイヤながらに過ごしている人が、たまたま大金を手に入れたらどうでしょうか。
仕事をやめ、生活費と今までできなかった贅沢にお金を注ぎ込み、気がついたらどんどんなくなっていく…そんなことになってしまうような気がします。

以前、宝くじで高額当選をしたという人が、テレビ番組のインタビューに応じているのを見たことがあります。
顔にモザイクをかけて出ていたその男性は、すぐに仕事を辞め、お金の力を使ってたくさんの女性を惹きつけていたそうです。
けれど、結果的に貢いだり騙されたりする形で、そのお金はあっという間になくなっていき、お金がなくなれば女性たちもいなくなってしまった…。
大金を手にして、幸せも手に入れるはずが、残ったものはただの虚しさだけ。そんな話をしていました。

普段から自分の幸せを考えることができない人が、運良く大金を手にしても、本当の意味で幸せになることはできないのかもしれません。

 

 

今日のまとめ

当たったらいいですよね、宝くじ。当たったらどうしようかと、あれやこれや妄想するのも楽しいですよね、きっと。
でも、どうせ同じ額のお金を手に入れるなら、自分の力で稼げるようになりたいな、とも思います。

ちょうど、はあちゅうさんのこの投稿のように→【雑記】10億円払って買った人生|note

イヤだイヤだと思っている今の自分と一度向き合った方が、もしかしたら大金を手に入れるより幸せかもしれませんよ。

 

 

想い事

,

宝くじが当たったら、あなたは本当に幸せになれる?

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事