不安があるなら、行動するのみ!小さな行動の積み重ねで、未来を引き寄せていく。

最近、ちょっと悩んでいます。
このままフルタイムで仕事を続けるのか、ペースを落とすのか、はたまた辞めてしまうのか。

悩んでるけれど、気になるけれど、見えもしない将来のことをあれこれと考えるのは、不安を煽るだけ。
だから、行動に移す。小さくてもいいから、少しずつ。

スポンサードリンク

 

 

不安は常につきまとうもの

今日、ココロミルにもアップしたけれど、生きていれば不安はあって当たり前。
人によって、その感じ方や重要性が違うだけで、誰でも何かしら抱えているもの。

新しいことをしようとするなら、それはなおさら。未知の世界に飛び込んでいくわけだから。
何も挑戦せずに夢を描いているだけの方が、不安は少ない。
安定している方が、安心していられるしね。

無難に仕事を続ける=不安の少ない、心安定した生活か。
知らない世界へ行く=たくさんの不安が待っている生活か。

これって結構、究極の選択のような気がします。
人によっては、楽な生活の方がいいっていう人もいるでしょう。
逆に、どんどん新しいことをする方が好きっていう人もいるでしょう。

どっちが正しいとかじゃない。
自分がどっちを生きたいか、なんですよね。

 

 

夢みるだけじゃつまらない

じゃあ私はどっちかというと、後者だと思います。
やりたいと思ってることを実現させてみたいし、今とは違う働き方をしてみたい。

昔は、そうではなかったです。
うつ病の頃は、とにかく平穏な毎日を過ごしたいと思っていました。
不安のない、心乱されない毎日を欲していたんです。

でも、うつ病を乗り越えて、自分の将来を見据えたとき、求めていたのは安定した毎日ではありませんでした。
「こんなサービスが欲しかった」を実現してみたい。
「あのときの私のような人が少ない社会」をつくることに貢献してみたい。
そんな欲が、じわじわと出てきたんです。

それは、頭の中で想像しているだけなら、ただの夢物語。
実現しようと行動して初めて、それは目標となるのです。

私はただ、夢みるだけでは飽き足りなくなってしまいました。
だから今、スモールステップながらも、少しずつ動き出しているのです。

 

 

不安、だから行動に移していく

とはいえ、やっぱり不安にはなります。
「本当にそんなことできるの?」「私の力じゃ、無理じゃないの?」
そんなふうに考えてしまうこともあります。

でも、できるかどうかなんて、誰にもわかりません。
それが私に無理かどうかなんて、誰も知りません。

誰も知らないこと、わからないことを悩み続けるのは、非生産的。
なんの役にも立ちません。

不安なら、不安の原因を探って行動に移していく。
行動してみると、意外とそれは心配するほどではなかったり、何らかの方法が見えてきたりするものです。

ただ悩んでないで、行動してみる。
それから少しずつ、軌道修正していけばいいんです。

 

 

今日のまとめ

いろいろやってみてるんだけど、このままフルタイムで働いていると、
近いうちにキャパオーバーになってしまうと予測してます。
時間的にも、体力的にも。

どこかで、活動時間を変えていかなきゃいけない。
少しでも病院で働く時間を残すのか、すっぱり辞めてしまうのか。
区切りをつけるときが、近づいてきているようです。

 

 

Life

,

不安があるなら、行動するのみ!小さな行動の積み重ねで、未来を引き寄せていく。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事