アイデアがどんどん湧き出てくる!?EDiTアイデア用ノートが素敵すぎる

ブログやメディアの運営、将来やりたいこと…考えをまとめたいことがたくさんあって、
うまく1人会議をやるツールがないもんかなと探していました。

そんなときに、たまたま東急ハンズをふらふらしていたら見つけたのが「EDiT アイデア用ノート」。
ちょうどいいサイズで、するする書き出してしまえそうな紙の質感。

これからアイデアがどんどん湧き出ちゃいそうです!

スポンサードリンク

 

 

EDiTアイデア用ノートの特徴

EDiTアイデア用ノートは、その名の通り、アイデアを出してまとめるためのノート。
横型ノートと付箋を使って、アイデアを広げていくためのノートです。

 

IMG_3330

↑日本文具大賞を受賞しているらしい。

 

付箋付きと付箋なしタイプが出ていて、私が買ったのは付箋がないタイプ。
(本当は付箋付きが良かったのだけど、どうやら間違えたらしい)

色は、私が買ったアプリコットオレンジの他に、カナリアイエロー、ミストグレー、ミッドナイトブラックの3種類があります。
EDiTエディット: 人生を編集する、手帳 2016とノート

「クリエイティブな思考を育てるアイデアノート」とうたっているこのノート。
紙の質や書き心地、携帯性など、アイデアが気軽に書き込めるようなつくりになっています。

付箋を使ったアイデア出しというのは、わりとメジャーな気がするんですけど、
それをノートという形で商品にしたものって意外となかった気がします。

大きな模造紙じゃなくて手頃なサイズだからこそ、いつでも書き込める。
いつでも仲間とブレストできる。
手軽に携帯できるノートの強みを生かした素敵な一品だと思います。

 

 

アイデア用ノートの中身

では、EDiTアイデア用ノートの中身を見てみましょう。

 

IMG_3334

 

横型のノートに、ゴムバンドが付属しています。
付箋をつけても、ちゃんとバンドで閉じれば、剥がれたり落ちたりしないようになってるんです。

 

表紙を開くと、こんな言葉が。

IMG_3332

 

私、クリエイティブさの欠片もないと思って生きてきたんですけど。
そんな私でも、クリエイティブになれるんでしょうかね…。

 

 

実際に書き込んだり、付箋を貼ったりするページはこんな感じ。

IMG_3331

 

上の方に日付とテーマを書く欄があって、その下はドット方眼になってます。
つるんとした紙で、触ると気持ちがいい。するするっと書けちゃいそう。

基本的に右側だけに書く片面筆記になっているので、右利きの人はリングがあっても気にならないと思います。
ってことは、左だけに書くタイプがあると、左利きの人にはいいのかしら?

 

 

最後のページには、こんな図が。

IMG_3333

 

アイデアが生まれるまでのプロセス。
わーっと思いつくものを出して、まとめて分類して、みたいな感じかな。

きっと、会議などでこのプロセスを経験した人もたくさんいますよね。
それを1人でも手軽にできるのが、このアイデア用ノート。

ここからたくさんの可能性が生まれてくるかも…と思うと、ちょっとワクワクしてきます。

 

 

今日のまとめ

ちょっといい文房具や、お気に入りの文房具を使うと、やる気も出るし気持ちも上がりますよね。

アイデアを出すとかって苦手だけれど、このノートと一緒に1人会議を重ねていけば、
なんだかいい方向性が見えそうな気がします。

また使ってみて、感想をアップしていきたいと思います!

 

↑どうやら、ネット上では付箋付きは品切れらしいです…。ぜひ、また再販してほしいと思います!!

 

 

My favorite, 文房具

, ,

アイデアがどんどん湧き出てくる!?EDiTアイデア用ノートが素敵すぎる

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事