意識を変える努力をしたから、うつを乗り越えられたんだ。

昨日、寄稿しているウェブマガジンplus-handicapの記事が更新されました。わりとサラリと綺麗事のように書いたので、少し裏側をブログで書いておこうかな、と思います。

最初からそんなにうまくいったわけではなく、一進一退の繰り返しでした。

スポンサードリンク

 

 

意識の改革がうつ病克服につながった

昨日、plus-handicapで公開された記事はこちらです。
うつ病になった自分を生きづらくしていたのは、他でもない自分自身だった。 | Plus-handicap

私は、ほんとうにこの記事そのまんまの考えを 持ってます。結局、変わろうとしないと変われない。変わることが無理だと決めつけた時点で、うつ病を乗り越えることはできないと思ってます。

どんなにまわりがお膳立てしたって、本人に治す気がなければ治らない。治したいと思っていたって、行動に移さなければ良くならないんです。それは、うつ病に限らずどんな病気でも同じ。

家族だって、医療従事者だって、できるのは患者を手伝うことだけ。どんな方法を提案しても、それを前向きに受け止めて行動できなければ、いい成果は生まれないんです。

 

最初は変われないと思っていた

うつ病で苦しんでいたのは、トータルで7、8年くらい。その前から、なんとなくメンタル面の不安定さはありました。自分のマイナス面ばかり目について、自分を肯定するということがとても苦手でした。

治療をしている間も、夫をはじめまわりの人にプラスの面を教えてもらっても、「でもそんなの大したことないじゃない」「私には褒めてもらうような価値なんてない」って思ってました。

そんな考えを持ってるうちは、うつから抜け出したいと思っても抜け出すことはできませんでした。治療に対しても否定的に見ていたし、何をすれば自分の心に良いかなんて考えもしなかったから。ただただ、毎日憂鬱な感情に襲われているだけでした。

私なんか、変わることはできない。うつ病を治すことなんてできない。そう思ってました。

 

変わりたいと思ったから努力した

DCMTZSZIIG

けれど、やっぱりこの地獄から抜け出したい、幸せになりたいっていう願いは心の片隅にありました。そうなるためには、どうしたらいいか。それには、自分から動き出すしか方法はないのです。

考え方を変えること。生活習慣を見直すこと。治療を見直すこと。どれもすぐに取りかかれたわけじゃないし、毎日続けるなんてできませんでした。ほんとうに、少しずつ。一進一退を繰り返しながら。

 

ひとつできたら、今日はそれでOK。

今日何もできなくても、昨日できてれば今日はお休みってことにして。

あんまりできない日が続いたら、自分を責めるんじゃなくて、なにが悪い影響を及ぼしていたのかを見直して。

調子悪い日が多くても、そのうちいい日が来ると信じて。

 

そんなことを繰り返して、数年が経って。ようやく、「うつを乗り越えました」と胸を張って言えるようになりました。

今でも完璧にできてるかと言われると、そんなこともありません。生活習慣が乱れることもあるし、マイナス思考に陥ることもあります。でも、今は以前よりはリカバリーが早くなったかな、とは感じています。

 

 

今日のまとめ

こんなことを当時の私に話したら、「そんなうまくいかないから、うつで苦しんでるんでしょ」って反発したと思います。でもさ、結局乗り越える方法ってそんなもの。飲んだだけで効く魔法の薬はないんです。うつになる原因となりそうな要素を、ひとつひとつ見直していくしかない。

自分だけでできないから、医者やカウンセラーなどのプロがいるんです。そういったひとたちに手伝ってもらいながら、半歩ずつでも進めればいいのではないでしょうか。

 

 

Health, こころ

, , ,

意識を変える努力をしたから、うつを乗り越えられたんだ。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事