一膳の箸で振り返る思い出。

2014/08/21

2~3日前、実家から持ってきて以来ずっと使っていた箸の先が割れているのに気がつきました。そろそろ寿命だな、と思ったら、ふといろいろな思い出がよみがえってきました。

スポンサードリンク

 

a0002_010973

結婚前も、結婚後も。

福岡から再上京するとき、実家から持ってきた箸。ひとりで暮らしていたときも、ころがるように体調も生活状況も悪くなっていったときも、なんだか変な男の人のもとにころがり込んでしまったときも、この箸を持っていました。

とくに捨てる理由もなかったので、そのまま結婚後も持ち続け、気付けば約5年。この5年の間に、いろいろなことがありました。ほんとうに、いろいろと・・・。職も転々としたし、死にそうにもなったし、お金にも悩まされたし・・・まだいい思い出、とは言い難いけど、落ち着いて振り返られるくらいにはなったかな、と思います。

 

さようなら、また今度。

割れてしまった箸はもう使えないので、ありがとうの想いとともに処分しました。なんとなく、過去にケリをつけた気分になりながら。

また今度・・・と言っても、もう手にすることはないけれど、似たものを見たとき、ふと思い出したときに、今より成長している自分でありたいと思います。また今度ね、昔の自分。

せっかくなので、夫と揃いでちょっといいものを買うつもりです。新しい自分史を重ねていくという意味でも。

 

まとめ

今日はなんだか短いエントリーになってしまいましたが。。。

持っているものひとつひとつに歴史があって、思い出があって、でもいつか壊れるから別れのときが来る。それは、人間関係も一緒。どんなに仲良く一緒にいても、死という形で別れは来る。だからこそ、大事にしていきたいと思います。物も、人も。

 

今日のおまけ

IMG_0598

やっぱり窓際が好き!でも、外を人が通る気配がすると、吠えちゃうんだよね・・・自分のテリトリーに入る敵だと思ってるのかな。

 

想い事

一膳の箸で振り返る思い出。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事