本1冊で脳内トリップ!「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」が見せてくれる夢〈書評〉

私がうつ病だったとき、旅行に行くなんて夢のようなことだった。お金はないし、気力もないし、私とは正反対の生き方をしている人間がすることだと思っていた。今は旅行も楽しめる状態になったけれど、今も苦しんでいる人はたくさんいると思う。心の病気だけでなく、からだの病気の人も含め。

そんな人たちに、素敵な夢を見させてくれる1冊の写真集がある。それが、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」だ。

スポンサードリンク

 

 

 

 

2014-06-11 08.47.11

Facebookページから始まった夢

この本「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」は、同タイトルのFBページから生まれたもの。

死ぬまでに行きたい!世界の絶景|Facebook

 

今や60万以上の「いいね!」がついているこのFBページ。著者の詩歩さんが、いつも実際にあるとは思えないような世界各地の絶景をアップしています。

このFBページの始まりは、会社での取り組みだったそう。新卒研修で1人1つFBページを作り、いいね!数を競うことになった詩歩さん。大好きな旅をテーマに、いつも旅の目的だった美しい風景をストックし、公開してみよう。そんなふうにして、このページは始まったそうです。

 

あっという間に人気ページとなった「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」。実際に行ってみたり、行けなくても旅行気分に浸ったりしているとの声が届いているそうです。1つのきっかけから始まった、人の心を動かす写真集。そこには世界への夢がたくさん詰まっていました。

 

 

 

絶景だらけの写真集

この本には、世界各地の絶景の写真が収められています。掲載されているのは、過去にFBページで紹介された写真の中でも特に人気があったもの。たくさん支持されているFBページから厳選されたものたちです。

 

2014-06-11 08.47.29

こんな心を打つような写真がたくさん。計64もの絶景の写真を見ることが出来ます。その中には、海外だけでなく日本国内のものも。案外、近くでも見られるチャンスがあるんだな、と気付きました。もう30年も日本にいるのに、知らなかったな。

 

 

2014-06-11 08.47.39

各写真のあとには、旅行プランが載ってます。情報は、HISに協力してもらっているそう。もちろん、時期などの条件でプランや値段などは変わってくると思いますが、こういう情報があるとリアルに想像することが出来ます。次の夏休みで行けるかな?とか、ボーナスこのくらい取っておいたら行けるかも?とか。

実際に行けるかどうかは置いておいても、そうやって考えながら写真を見るのもすごく楽しいです。今は行けなくても、いつか行きたい。家族と、友人と、恋人と。そんな夢が広がっていきます。

 

FBページについたコメントも各所に掲載されてます。情報だけじゃないリアルな体験談も、想像をかき立てます。今は行けなくても、いつかきっと。そんな夢を持たせてくれる、素敵な写真集でした。

 

 

 

 

 

まとめ

実は、著者の詩歩さんに会って話を聞いたことがあります。FBページ立ち上げから、いろいろなことが目まぐるしく変化していった詩歩さんの話を聞くと、SNSと自分のアイデア1つでこんなにも人生は変わるんだと驚きを感じます。

今は犬たちがいるので長期で旅行には行けないけれど、国内なら行けるかもしれないな。近いうちに、絶景を見に行く旅をしてみたいと思います。

 

今年のオリコン写真集ランキングで1位を獲得しているこの写真集。ぜひ1度、手にとって見てみてください。旅への想像が膨らみますよ!

 

今日のおまけ

2014-06-11 08.48.52

いつもと違うおもちゃで遊ぼうとするサーフ。投げると取りに行くんだけど、すぐにぽいっとしてしまいます。これ、夫の実家のわんこ「もも」から奪ってしまったおもちゃなんだよね。おもちゃがあると、全部自分のものだと思ってしまうサーフ。まるでジャイアン。仲よくしてよー。

 

 

 

 

, ,

本1冊で脳内トリップ!「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」が見せてくれる夢〈書評〉

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事

この記事へのコメント