小さな声でも上げれば誰かに届くと知った日

昨日、立花岳志さんのブログセミナーに参加してきました。

いろいろあって、ブログを書くモチベーションは低下し続けてた数か月。改めて、情報発信のチカラはすごいと感じた日でした。

スポンサードリンク

 

ブログを書くこと、情報発信をすることは役に立つって、頭では十分にわかってました。書くことが好きだというのも、以前から変わりのないこと。

だけど、自分のブログを書く気は起きなかったんです。原因は思い当たるところが複数あるんですが、正直、もういいかなって思ってたところもありました。

でもたぶん、本音はそうじゃなかったんだと思います。

 

昨日のセミナーでは、超濃い話を聞くことができました。

たちさんのブログに関する話は、いつ聞いても誠実で、セミナーの場はとてもあたたかくて。参加していた方も、熱くって、そして真っ直ぐで。

素敵だなぁと思いました。

でも、私が1番感動したのは、セミナー本編じゃなかったんです。

 

懇親会で、「ずっとブログ読んでたんです」って声をかけてくださった方がいました。

「それがきっかけで、いろいろ変われたんです。だから、1度会ってお礼を言いたかったんです」、と。

 

まさかそんなことあるのかな、と思いました。そんなにアクセス数もなかったし、ここ1年くらいは更新頻度も落ちていたし、ひっそり収束していくのかなぁ、くらいに思ってたから。

でも、書いて残しておいた私の言葉は、巡り巡って、私の知らないところで役に立っていたようです。

伝えたい想いがあって綴った言葉は、ちゃんと必要な人に伝わるんだなぁ、私の書きたい原点ってここだったなぁと、思い出すことができた瞬間でした。

 

「書いて届ける」ことがいかに大きな力を持つか、改めて感じた昨日。

またここから、私なりにいろいろと綴っていこうと思います。

Posted from するぷろ for iOS.

Work, ブログ

小さな声でも上げれば誰かに届くと知った日

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事