3.11なぜ風化していくのか。そして忘れないために、私が出来ることとは。

たくさんの人が、メディアが書いたり放送したりしているが、今日は東日本大震災が起こって3年がたつ日。考え過ぎているわけではないけど、考えずにはいられなくて、いつものようなエントリーを書く気になれなかったので、今思っていることを忘れないように記しておこうと思います。

スポンサードリンク

 

 

 

 

a0070_000080

なぜ人々の関心が薄れていくのか

3年前のあの日の私

地震が発生したとき、わたしは横浜市内の老人保健施設にいた。短期派遣の仕事。見知らぬ町で働いていた。

関東でも電車などがすべて止まり、私も帰宅難民のひとりに。横須賀まで帰ることは当然出来ず、同じ横浜市内の夫の実家に避難することになった。とはいえ、もともと土地勘がなく、たどり着くまでかなりの時間を要し、着いたのはもう深夜のこと。

落ち着いたところで、日本に起こったこの事態の重大さに気が付いたのだ。

 

発生1か月後のギャップ

地震が発生して約1か月後、私は仕事関連で必要があり、福岡に向かった。生まれた土地なので見慣れているはずなのに、その光景に違和感を感じずにはいられなかった。

原発事故などの影響もあり、大幅な節電が行われていた関東。その光景をずっと見ていて、福岡に着いた瞬間に明かりが煌々としていたことにびっくりしたのだ。あぁ、同じ日本でもこんなに違うのか、と。

もちろん、福岡でのこの状況が悪いというわけではない。大きな影響がなく、九州で節電したところで必要な地域へ電力が回されるわけでもない。いつも通りに動けるところは動いておかないと、日本の流れがすべて止まってしまう。そんなことはわかっていたけど、やっぱり違和感を感じずにはいられなかった。

 

いつも通りに進む毎日、「あの日」から遠ざかる日々

そんな関東も、徐々にいつも通りのサイクルへ戻っていく。交通は元に戻り、物品の供給が追い付くようになり、被害が大きかった場所を除けば、ほぼ以前の状態と変わらなくなってくる。

徐々に時が過ぎ、3年がたった今。報道も減ってきて、「あの日」の記憶が遠くなってくる。

 

復興はまだ時間がかかるだろう。でも、3年もたって何をしたら・・・

東北の人が大変なのもわかるけど、私も忙しいし・・・

それに今、何の助けが必要なのかわからないし・・・

 

今の状況を知る機会もなく、関わる方法も思いつかず、ふと今日になって気がつく。ああ、まだまだなんだ、と。関心を持つ機会が減ってきているのも事実なのでは、と思う。

 

 

 

これからだって、何かは出来る

私はこれまで、何をしたか?

私がしたこと。思い出せるのは、募金くらいだろうか。それも最近は出来ていなかったような。

本当はボランティアでも何でも行きたい思いはあったのだけど、3年間で1度も行っていなかった。夫が病気になりそれどころではなかった、という言い訳もあるのだが。

看護学校の同期は災害派遣で被災地へ行った子もいた様子(私の出身は自衛隊の看護学校です)。

あー、無力だなぁ。無関心だったのかな。ここでも大変だったから、東北の人たちはもっともっと大変なんだって、あの時は思ったのにな。

 

 

今の私に出来ること

今日、ブログ仲間のしのはらえりさんが、こんな記事を書いていた。

[së]東日本大震災、原発事故から3年。福島県富岡町が第2のふるさとのわたしが思う、ただ1つのこと

やっぱり、まだこんな現実があるんだって改めて思って。小さいことでもいいから、出来ることをもう一度始めようと思った。

気付いたこと、有用なこと、知っておくべき!と思ったこと(事実であると確認できるもの)をシェアするとか。

被災地発で良いと思うものは、噂にとらわれずに買ってみて、みんなに紹介するとか。

あと、やっぱり1回行ってみたい。あの時のあの風景を見る、ことは難しいけれど、今の現場に行ってほんのちょっとの後押しがしてみたい。私で後押しになるのかわからないけど。

これくらいしか今は思い浮かばないんだけど、そんなことを考えながら、この日を忘れないようにいたいと思う。

 

 

 

まとめ

今日は発生時刻に黙祷しようと思っていたけど、仕事でバタバタしていて出来ず。寝る前に、思いをはせようと思います。もっと良い状態へ、みんなで進んでいけますように・・・。

 

 

 

 

今日のおまけ

IMG_0717

見切れマリン。ソファの背もたれから、私の肩に乗ってきたところ。

あの日は私も夫も家に帰れなくて、翌日の朝まで丸々1日、ご飯が食べられなかったマリン。この子にはあの時の記憶はないと思うが・・・。

 

 

 

 

 

 

想い事

, , , , ,

3.11なぜ風化していくのか。そして忘れないために、私が出来ることとは。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事