限界かと思ったけど、意外とそうでもなかった話。

 

ここ数日、ものすごーーーく心がどんよりしてました。このままいくと、もう近いうちに病院のお世話になり、仕事をながく休まなきゃならなくなるんじゃないか・・・と危機感を強烈に感じるくらいに、しんどかったです。
でも、ふと気付いたらその気持ちが晴れていたので、どうやって切り抜けたのか振り返りをしておこうと思います。

スポンサードリンク

 

 

b50915880dc60d1feff63605930de36a_s

そもそもどうして追い込まれたのか

なぜ、そこまでつらくなったかというと、ここ1~2週間の間、夫の調子がイマイチだったことにあります。出勤しても嘔吐して帰ってきてしまったり、そもそも家を出られなかったり。あぁ、まだまだ良くなるのは先の話か・・・と思って、将来を悲観してしまったところが原因だと思います。

あとどれだけ頑張ればいいの、そもそももう良くならないんじゃないか・・・と、かなりマイナスな考えになっていたので、すごくしんどかったです。あと、ホルモンバランス的にも落ち込みやすいタイミングだったのかもしれません。あれです、PMS的な感じです。この時期はだいたい、ちょっと調子が落ちるので、それと夫の状態が悪いのが重なって、とっても良くない状態になってしまったのだろうと思います。これはもう仕方がない。そういうことにします。

 

なぜ立ち直れたか

「いつも通り」を心掛けた

つらいとはいえ、仕事のシフトは入っているので、行かなければいけない。特に、この3日間で準夜勤シフトだったので、すぐに代わりがきかないから、とにかくつらくても行きました。そうしたら、最後の3日目。ふーっとイヤな気持ちが抜けて行って、普段と同じような心に戻れました。会話をするのも苦痛じゃないし、自然に笑える。いつも通りを思い描いて行動したことが、こころの「いつも通り」につながったのかな、と思います。

 

夫の笑顔をイメージした

とにかく今週は調子の悪かった夫。でも、昨日2月14日はバレンタインデー。何も言ってなかったけど、毎年なにか飼ってプレゼントしていたから、何もなかったら落ち込むかもなぁ、と思って、横浜そごうのバレンタインの催事場へ。

IMG_0647

ピエール・マルコリーニのクーベルチュール・チョコレート。売り場のお姉さんが、「あたたかいミルクに溶かして、チョコレートドリンクとしてお楽しみいただけます♡」なんて、ステキな笑顔で説明してくれました。

夫は最近、夜のリラックスタイムにココアパウダーでホットドリンクを作ってよく飲んでたので、これならしばらく楽しめるかな、と思って購入。仕事をがんばって帰ってきて、これを飲みながら愛犬を撫でて癒されて笑顔になってる夫を想像したら、自分もふっと笑顔になってほっこりできたのです。

大事な人の幸せそうな姿。そうそう、これが私の頑張れる源だった、それを思い出して、元気を取り戻すことができました。

 

不安の原因を追及する

そもそも、なぜこんなに不安で、落ち込んでいるのか。その原因が解決できれば、心配しなくてもいいのではないか、と。考えたところ、こんな流れになりました。

夫が仕事に行けない

収入が減って、生活が苦しくなってくる

夫が仕事に行ける程度に元気になればいい

なぜ今それができない?

体調が良くない

そういえば、2週間前に薬が変わって、寝つきが悪くなったらしい

薬をもう一回調整してもらって、ぐっすり眠れれば調子が良くなるかも

予定を早めて受診すればいい。調子が上がれば、仕事も行けるようになる!

 

ということです。無理に行かせるつもりはないけど、しっかり眠れてれば、わりと普通に行けるようなので、単純にこんな考えになりました。

どんな不安でも、どうにか解決できる方法はある。ただ悲観してないで、その方法を考えてみればいいんです。原因がわかって方法が見つかれば、不安に苦しむこともないんだから。

 

まとめ

不安の原因を見つけるのは大事。でも、大事な人の幸せを思うのもすっごく大事!

やっぱり私に元気をくれるのは、夫なのです。

 

 

 

今日のおまけ

なにか写真をアップしようと思ったら、なにもなかった・・・。また愛犬たちの写真をストックしておこう!

Health, こころ

,

限界かと思ったけど、意外とそうでもなかった話。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事