自ら命を絶つときは、人はほんの一瞬で決断してしまう。

a1180_009244

こんばんは。もう1月も10日以上が過ぎてしまったのですね・・・。あっという間な気もするけど、今年はいつもよりほんの少し、充実している気がします。

 

今日は、そんな今だからこそ振り返ることが出来る、とーっても重いネタです。重いですが、さらっと読んでくださいな。

スポンサードリンク

 

毎日死にたかったあの頃

ついて回る希死念慮

希死念慮とは、「死にたい」と思い、願うこと。うつの症状がひどいとき、「もう死にたい」、「生きてる価値がない」、「私は死んだ方がいいんだ」と、常々思っていました。思っていたというか、思わされていたというか。本当の願いではなく、うつという病気がそうさせていたのだと思います。

毎日そう思うこと、そう思っているのに死ねないことは、とても苦しいものでした。私の存在が、周りの誰もかれも不幸にしていると思いこんでたので、自分の価値や存在意義なんて、1mmも感じることが出来ませんでした。

あれは本当につらかった。もう二度とうつを再発させないと強く誓っているのも、この時期と同じことをもう経験したくないと思うからです。

 

それでも行動に移すことが出来なかった

そこまで思っていたのなら、少しくらい行動に移してもおかしくなかったでしょう。でも、その思いが強い間は、自分を傷つけるようなことはほとんどしませんでした。

死にたいと願う一方で、自分が本当に死んでしまったらどうなるか、冷静に考えてたんですね。親がどう思うか。いま一緒に住んでいる彼(現・夫)が何をしなくてはならなくなるか。自分には生きてる価値もないけど、死んだあとまで迷惑をかけるのも申し訳ない。だったら、まだそっと静かに生きていた方がいいのか・・・と、当時の私にとっては苦渋の決断をしていたのです。

 

 

それでも、そのときはやって来た

a0001_008218

 

ほんのわずかな時間での行動

そんな暗ーい時期を少しずつ乗り越え、ちょっとずつ元気になって来たとき。もう大丈夫かな、と思って、仕事を始めてしまったんです。今となっては、どうしてそんなに焦ってしまったのかと思うのですが・・・。

仕事を始めてから、なんとなく気持ちが落ち着かなくって、眠りも浅くなってしまいました。眠れない、気持ちが落ち着かない、心が安定しない・・・と追い込まれてしまって、私のやった行動は、OD(オーバードーズ:薬の過剰服用)でした。

死にたいと明確に思ったわけじゃない。ただただゆっくり眠りたい、と願って、手元にあった睡眠薬を、100くらい飲んだらしいです。あんまり記憶にないんですけど。当然、意識は酩酊し、救急車で運ばれてしまうという事態に。幸い、何事もなくすぐに退院できたのですが、夫は生きた心地がしなかったと思います。

 

うつは「少し良くなったとき」がいちばん危ない

うつの人の自殺の危険というのは、症状が重いときが危ないと思われそうですが、実は違います。いちばんひどいときと言うのは、そんな行動を起こす力すらないのです。動けないし、思考も止まってしまって、そんな極端な行動に移る気力もないのです。

少し調子が上向いてきて、体を動かすことが出来るようになったときが、いちばん危ないのです。

家事をしたり、本を読んだり、散歩したり、少しずつ動けるようになったけれど、以前のようにはまだ戻れない。調子にも波があるので、少し憂鬱な気持ちになったときに、「まだ良くならないのか・・・」と悲観的になってしまう。そんなときに、衝動的に自殺行動をしてしまう、ということがあります。

 

焦らないことが重要

「早く良くならなくては」「元のように戻らなくては」

そう焦ってしまうことが、うつ病患者の衝動的な自殺を防ぐひとつの策かな、と思います。しっかり良くなるには時間がかかること、症状には波があることを本人・家族や周りの人間が理解し、長い目で向き合っていくことが大切です。

私もずっと焦ってる時期がありました。早く仕事が出来るようにならなくちゃ、とか、家事をきちんとできるようにならなくちゃ、とか。でも、それでも今、薬がなくても元気でいられるようになりました。それは、「完全に良くならなくても、それも自分だと思って受け入れて、うまく付き合っていければいいや」と、ある意味開き直れたのが良かったのかな、と思います。

 

 

まとめ

とはいえ、自殺する背景と言うのはいろいろあるので、この考えは一部に過ぎないです。原因はうつだけじゃなく、過労やいじめ、身体の病気など、その他いろいろあると思うので。

これをやれば防げる、という方法は私には今のところわかりません。でも、私にひとつ言えるのは、うつの自分を認めてあげて、ゆっくり治す気持ちで向き合うことは必要であるということです。

 

 

今日のおまけ

IMG_0551

マリンの寝顔。安定のロングスリーパー。

寝顔以外も撮りたいけど、なかなかシャッターチャンスを捕まえられないです。

 

 

Health, こころ

, , , ,

自ら命を絶つときは、人はほんの一瞬で決断してしまう。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事