私はずっとドリーマーでありたい。

最近、ずっと遠ざかっていた音楽にまた触れるようになってきた。以前はよく聞いていたんだけど、自分に余裕がなくなってからは聞くことを避けていたから。

また少しずつ耳にするようになって、やっぱり音楽っていいなと思い始めています。

スポンサードリンク

 
a0002_003716

音楽は勇気も絶望も感じさせる

最後に良く聞いていたのは、たぶんオーストラリアにワーキングホリデーに行く前くらい。そのころ聞いていたのは、ロックバンドのものが多かった。

そのころは、最初にうつ症状を発症して、少し寛解したとき。調子が悪いわけでもないけど、すごくいいわけでもない。ほんの少しの出来事に感情を左右されやすい状態は続いていました。

そんなときに聞いていたのは、ロックバンドの曲がほとんど。同じ曲をずっとリピートしていたりした。特に、ELLEGARDENのMr.Featherという曲。

「俺の人生はクソだ」ってずっと言ってるような歌なんだけど、なんだか私には、「ほんとうはこうしたいんだ」「ほんとうは助けてほしいんだ」って自分の気持ちを代弁しているように聞こえてしまって。何回も何回もリピートしては、泣きそうになっていた。

そのあとは、もう一度聞く気力もないくらいになってしまったんだけど。

心が病気じゃないときは、曲を聞いて泣いたり笑ったりして、元気をもらうことができる。でも、少し弱った心で聞くと、どこかに励ましの言葉がある曲でも絶望的に聞こえてしまうのだから不思議だ。

 

 

今の私を後押しする音楽

今日たまたま車の中でラジオを聞いていて、miwaさんの「Faith」という曲を聞いた。新曲だそうな。

 

この曲に、今の私を後押ししてくれた歌詞がある。

未来に期待描いた 希望走り出せ

迷ってるくらいなら進めばいい

I have to be a dreamer

その先に君がいる 夢のままでは終わらせない 約束するよ

the pain remains ,but I know that makes me stronger

ゆずれない 守りたい my faith

 

私にも叶えたい夢がある。でも、やっぱりどこか迷いはあって、でも迷って立ち止ってる時間はもったいない。だから止まってるくらいなら進んだ方がいいんだ。どんなに年を重ねても、たくさんの経験をしても、いつも夢や希望は持っていたい。常に「dreamer」でありたいと、強く思わせてくれたフレーズでした。

 

 

まとめ

いちばんつらいときは、曲を聞くことができなかった。その歌詞が、ストレートに心に響き過ぎて。何のフィルターもない心にまっすぐな歌詞は鋭い刃物のようだけど、強さを少しずつ備えてきた心には、とても強い味方になってくれるんだな、と最近になって思いました。

またお気に入りの曲を探して、音楽にたくさん触れていきたいなと思います。

 

今日のおまけ

写真を撮ったのだが、photo streamに同期されてなかった・・・時間の問題か・・・。残念すぎる。

 

 

 

音楽

, , , ,

私はずっとドリーマーでありたい。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事