正反対な2人の付き合い方。

私たち夫婦の性格は、ほぼ正反対です。交流を広げたい私と、今ある現状だけでいい夫。そんな2人がうまく付き合っていく方法とはなんだろうかと考えてみました。

スポンサードリンク

 

 

a1180_009136

2人の性格の違い

最初は「似た者同士」に見えた2人

私たちが出会った当初は、私がうつ闘病中の状態。症状がすごくひどかったわけじゃないけど、あまり外に出ていくこともできなかったので、お互い交友範囲が狭い状態でした。

私たちの世界はほぼ2人だけで成り立っていて、それで十分でした。私はその頃、仕事も週1回くらいしかしていなかったので、食事を作って夫の帰りを待ち、週末には2人で過ごして、それが当たり前になっていました。

 

病気から回復してわかった「違い」

私のうつが寛解し、やっと視野を広く持てるようになると、私は本来「もっと広い世界で生きたい人間」なのだと気がつきました。友人や知り合いは多い方がいいし、たくさん学びも深めていきたい。将来はもっと違うステージで活躍してみたい。現状の維持では満足できない性格なんだと気付いたのです。

しかし夫は、人見知りだし、人間関係を面倒だと感じる人なので、狭い世界にどっぷりつかって、できる範囲の好きなことが出来れば、基本的には満足なのです(今は病気なので、元気になったらもう少し変わってくるかもしれませんが)。

まったくベクトルの違う2人。このままだったら、2人の間に溝が出来てしまうのではないかと、少し不安になりました。

 

 

それでも私たちは、うまくやっていけるはず

夫の考え

この性格の違いについて、数日前に夫に聞いてみたことがあります。夫は、「正反対同士で、ちょうどいいんじゃないの」とのこと。凸と凹でうまくハマるんじゃない、との見解らしいです。

物は考えようですが、2人とも外ばかりを向いて進んで行ったら、それこそ2人の将来は交わらなくなってしまいます。どんどん進む道がそれて行って、結局「性格の不一致」を理由にお別れしかねない。だったら、私が外へ行くのをそっと見守ってくれて、帰る場所を作って待ってくれている方がいいのかな、と。

きっと私たちのような夫婦は、私が外に働きに行って、夫が家を守る方がしっくりくるのかもしれません。専業主夫。私の稼ぎだけでやっていけるなら、やってほしいくらいです。

 

 

結局、転がしているのは夫

私が自由にやっているように見えて、結局どちらに主導権があるかというと、夫の方が多くを握っている気がします。私の方が年下で、甘えたがりな時点で、有利なのは夫。私が走り回っているように見えて、実はちゃんと夫がリードを握っているのです。そして私は忠実に、呼ばれたら戻っていく。うーん、飼い主と犬のような関係ですね。。。

でも、私はそれでちょうどいい。夫が帰る場所を温めてくれていて、ちょっと出かけて行って、「こんなことがあったよ!!」とウキウキで話す。それを夫がはいはい、ってあしらいながら聞いている。よかったねーって言いながら。(でも夫がそのとき見ているのは、ゲームの画面だったりするのですが・・・)

正反対の性格だって、ぴったりハマるところがある。そこを見つけて大事にすれば、きっとうまくやっていけるんじゃないかなと思います。

 

まとめ

そうは言っても、私は1人でばかり外に行ってるわけではないです。週1回は夫と過ごす日と決めて、出かけたり家でまったりしたりしてます。そういうルールも、私たちがうまくやっていける理由かな、と思います。

 

 

今日のおまけ

IMG_0652

夫の実家で飼っているヨークシャー・テリアのもも。私たちの家のお隣で生まれて、1匹譲り受けたのです。飼ってみる?無理そうなら家で飼うよ、といって置いて行ったら、いつのまにか、ものすごーく溺愛されるようになっていました。ワガママ姫に育っています。

 

 

 

家族

, ,

正反対な2人の付き合い方。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事