今年の私は、「種をまく」時期。

30代を迎える今年こそは、自分を変える第1歩にしたいと思って、いろいろ本屋をあさっていたとき。普段は美容に関する情報を得るために購入していた美容誌に、「“逆算力”が女を幸せにする!」という記事タイトルに目がとまった。私の人生における「人生の逆算」とは、なんだろうかと考えてみた。

スポンサードリンク

 

 

 

a1180_010526

逆算で人生を決めていく

私が読んだのは、数ヶ月前の「美的」という雑誌。いつもコスメやメイク、bほディケアなどの美容情報を見ている雑誌。そんな雑誌にしては珍しい記事だな、と思いながら読んでいた。

逆算、というのはネスレの日本法人社長、高岡浩三さんの著書からきているそう。

 

 

 

私はまだこの本は読んでいないんだけど、記事によると、簡単に言えば人生における目標と締め切りを設定して物事を進めていくということ。何歳ごろにこうなって、という人生プランを先に計画しておこう、というのがこの記事のメイン。

 

 

 

ロールモデルとなる5人の女性

記事の中には、いま活躍している5人の女性のインタビューが。その5人とは、

  • トレンダーズ代表取締役 経沢香保子さん
  • ファイナンシャルプランナー 花輪陽子さん
  • スポーツキャスター 杉山愛さん
  • 起業家、コラムニスト 安藤美冬さん
  • 博報堂ディレクター兼リーママプロジェクトリーダー 田中和子さん

でした。なかでも印象に残ったのが、安藤美冬さんのインタビュー。フリーランスになったとき、3年やってダメなら会社員に戻ろうと期限を決めたそう。

独立の目的は、自分ならではのワークスタイルを確立すること。そのため、1年目はソーシャルメディアの勉強と人脈作りに集中する種まき期。2年目は、芽が出てきた所だけにフォーカスする水やり期。3年目の今年は形になってきた仕事をしっかり刈り取る収穫期。期限を名付けたのは制限時間と目的を明確にイメージできるようにするためです。1年ごとに目的と期限を定めることで、スピードは上がる。目的達成までのプロセスにムダがなくなるんです。

このプランの立て方が、すごくわかりやすくていいな、と思った。新しいことを始めるにあたっての、シンプルでわかりやすいプランの仕組み。これは私の今後にも役に立つ!と思って取り入れてみることにしました。

 

 

今年は私の「種まき期」

私がこのブログを始めたのは、今年の1月。ずっと始めようと思っていたんだけど、切りのいい2014年のスタートからにした。

これから、私が描いているビジョンを実現していくには、このブログを継続すること、必要としてくれるであろう人たちのところへ届けられるようになることが大事。このブログは、今の仕事以外の活動を広げていく足掛かりにするためでもある。そこを通じて人とのつながりを作っていって、情報発信力を高めていきたいと思っている。

この1年でそれが出来たら、きっと次につなげられると思っているから、今年が私にとって種まき期なのかな、と思っている。ブログの継続を中心にたくさん種をまいて、芽が出たら、それを大事に育てていく。成長したら、刈り取ってものにしていく。その3年がうまく回ったら、私はきっと今の仕事を卒業する時期なんだろうな、と考えていたりする。

 

 

まとめ

こんな人生を送りたい、というプランは立ててはいるのだけど、まだ始めたばかりでイメージがわきにくい。だからこそ、この3年に集中してプランを立てて進めていけば、具体的なイメージがもっとわいてくるんじゃないかな、と思う。まだ生まれたばっかりの私の人生計画。夢年表が手に届く現実のものになるように、毎日を過ごしていきたい。

 

 

 

今日のおまけ

今日は久々に仕事を家に持って帰ってきてしまい、写真を撮ったりする時間ガンがなく・・・本日はお休みです。また明日。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Work

,

今年の私は、「種をまく」時期。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事