なりたい自分になるために。今日からまた1歩を踏み出していく#nsl22

昨日参加した、No Second Life セミナー#22「なりたい自分になる!目標を達成し夢と成功を掴む「実現力」インストール講座」。セミナーを通して私が感じたことを書いておきます。備忘録です。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

a1180_008888

私が生きていた「できるかできないか」の世界

人が何かをやりたいと考えたとき、多くの人が考えると思う。

そんなの、できないんじゃない?無理なんじゃない?どうせ夢で終わるんじゃない?このまま無難に生きてた方がいいって!

社会で生きる時間が長くなればなるほど、実現したいことがあっても自ら遠ざけていく。私もそう。だって、その方が楽だし、傷つかないし、安定してるから。悩まなくていいから。なんでわざわざ、今のポジションを捨てるの、って思ってた。

でも、それって、やりたいことから目をそらして逃げてるだけなんだよね。どうせ失敗するからって言い訳をつけて、チャレンジすることから逃げてる。わかってはいたけど、その通りだなって、今回改めて思った。

この、「できるかできないかの世界」から出ていくためには、「やる」と決めてしまうこと。やると決めたら、続けていくための、成功するための方法を考えていくしかない。とにかくトライして、PDCAサイクルを回していく。やると決めて、すぐに行動に移していくことが、なりたい自分を実現するためには大事なのだ。

 

 

 

続けている人は少ない

セミナーの中で出てきたワード。

やりたい人10000人  やる人100人  続ける人1人

中谷彰宏さんの著書の中に出てくる言葉だそう。これ、ドキッとしませんか?私は、やりたい10000人の中には入っていたと思う。でも、やる人100人にひっかかるかどうかのところでドロップアウトしていたように思う。

続ける人の割合がこれだけ少ないから、成功した人が突出して見えて、やらない人はただひたすら羨ましく思うんだ。自分がやらないことを棚にあげて、「あの人は才能があるから」「あの人は運が良かったから」って自分と別物に仕立て上げる。それも、自分がやらないことの言い訳になっているのにも気付かないで。

今年は変わろうと思ってこのブログも始めたわけだけど、まだまだ「続ける人」の域には達していない。なんとか、やる人100人の中に入れたかなぁ?それもまだまだアヤシイ気がするけど、とにかく継続していくしかないのだ。

 

 

 

成果が出るのには時間がかかる

人は、何かを始めると期待をする。やればやるほど、順調に結果がついてくるんじゃないかと。実際はそんなことはない。

セミナーの中で、「ラーニングカーブ」という言葉が出てきた。簡単に言えば、継続と結果のグラフ。人はみんなこれが比例的に伸びていくことを期待するが、実際のグラフはガタガタで、最初の方なんて低空飛行。多くの人は、ここで堪え切れずにやめていく。

そこを乗り越えたら成果が出てくるときが訪れるけれど、停滞する時期は何度となくやってくる。その繰り返しなのだ。うまくいかなくても、うまくいっても続けること。その繰り返しで、高いところへ上っていくのだ。

 

 

 

まとめ

セミナーで学んだことは、これまで薄々感じていたこともいくつかあった。でも、それでも私が続けてこれなかったのは、やっぱりどこかで言い訳をしていたから。

立花さんに直接聞いたことで、より現実味を増して、自分のものになったと思う。帰り道に、これからやりたいことのいいアイディアも思いついたし、仲間も増えたし、頑張ろうと思います。一気にやる気を燃やさないように、長くモチベーションを保っていけたらいいな。

 

 

今日のおまけ

IMG_0702

丸まって寝ているサーフ。最近顔が写った写真がない。。。顔を見せてくれ。。。

 

 

 

Work

なりたい自分になるために。今日からまた1歩を踏み出していく#nsl22

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事