きっと何とかなる。そう思える、うつを乗り越えた私の今。

うつの症状が寛解(病状の継続的な軽減、あるいは一時的な軽減)状態になって、この夏で約2年。あぶないな、このままいったら再発しちゃうかな、という危機もたまにあったけれど、それでも悪化することなく順調に過ごしています。

うつを乗り越えた、今の私の毎日の過ごし方とは。

スポンサードリンク

 

 

 

a1380_001613

自分自身とうまく付き合う方法を知った

うつが良くなる以前の私は、とにかく自分の感情と上手く付き合う方法がわからなかった。落ち込んだら落ち込みっぱなし、泣き始めたらだらだらと長時間泣きっぱなし。それは症状のせい、ということもあるんだけど、うつになる前から、イヤなことやツライことを消化することが苦手だったような気がします。

もううつは繰り返したくない。そう思って今は、イヤなことやツライことがあったときは、「なぜそんなふうに感じるのか」を自分に問いかけて、その原因を突き止めて行くようにしています。

何が私にそんな考えや思いをもたらすのか、よーくよく考えてみると、実は大したことないものだったりします。大きな問題であったりしても、きちんと向き合って考えると、その不安やイヤな思いを解消する方法が近くにあったりします。

そうやって、イヤなことが起きるその都度、考えるようにしていたら、そんなに恐れるようなことって実はないんだな、ということに気がついたのでした。

 

今までの私は、イヤだイヤだといってるだけで、その本質を見てなかったんですね。それって、ただの逃げだったんだな、と今になって思います。うまく自分の感情をコントロールする方法を覚えてきたので、今はとても楽に過ごしています。

 

 

 

先のことを心配しすぎない

今、うちの夫は退職して、次へ向けて転職活動を始めたばかりです。もう40歳を目の前にして就職先が決まるのか、次は休まずに出勤することが出来るのか、心配だらけです。

この先がどうなるのか、もちろん不安はあります。けれど、そこまでナーバスになってはいません。なんとかなるよと、思ったより楽観的に過ごしています。

なんとかしなきゃいけなくなったら、そのときに考えればいい。今、心配し過ぎるのはちょっと無駄なことかな、と思っています。最悪のパターンになる可能性もあるけど、良いパターンにころがる可能性もあるわけで、そうなったら心配して沈んで過ごしていた時間って、きっともったいなく感じると思うんです。

頭の片隅に、いろんなパターンを想定しつつも、なんとかなるか、と割り切って過ごす。それが最近の私です。

 

 

リラックス方法を持っておく

そうは言っても、やっぱりたまには落ち込んでしまうこともあるわけで。人間ですからね。

そんなときは、自分を落ち着けるためのリラックス方法を実践します。私の場合は、とにかくだらだらと1日を過ごしたり、ゆったりお風呂に使ったり。美味しいスイーツを買ってきたり。普段がんばってるから、たまにはいいよ、と自分を許してあげる時間を作るのです。

ときどき、自分を緩める時間を作ること。何も考えずに過ごすこと。そのメリハリが、今、再発せずに過ごせているポイントかな、と思います。

 

 

 

 

まとめ

自分がうつになったときの思考パターンと同じことをしていると、再発の可能性が高くなるんじゃないかな、と思っています。

うつっぽい考えにならないためには、どうしたらいいか。そこを考えることも、うつから脱出する大切なことだと思います。

 

 

 

 

今日のおまけ

2014-03-23 19.21.54

お昼寝から目覚めた直後のマリン。一瞬だけ起きて、また寝ましたけどね。

最近あったかくなってきて、起床が早くなったご様子。飼い主はもうちょっと寝たいんですけど…。

 

 

 

Health, こころ

,

きっと何とかなる。そう思える、うつを乗り越えた私の今。

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事