うつだからって怠けてるわけじゃないんですー②症状には波がある

うつ病は決して怠けてるわけじゃないんだよ、ってことを伝えようシリーズ第2回。連日投稿する予定が、胃腸炎にてダウンしてしまったため途切れてしまいましたが…改めてまた投稿再開します!

今回は、うつの症状の現れ方について。

スポンサードリンク

 

 

 

 

a0002_004055

症状は日によって全く違う

うつの症状は、日によって波があります。調子のいい日もあれば、悪い日もある。それも、かなりのアップダウンがあったりします。

ある日は活動的で、朝から起きて家事が出来たり出かけることが出来たりする。しかし、ある日は全く起き上がれず、布団から出ることが出来ずに1日が終わってしまったりする。

まわりから見れば「昨日出来てたのに、今日は出来ないの!?」と思わず言いたくなってしまうのですが、出来るときは出来るし、出来ないときは出来ない。嘘でなく、そんな症状なのです。

死にたくなる時もあれば、頑張れるかなって思えるときもある。なにかやってみようかなっていう気になる時もあれば、もう自分には何もできないんだ…と絶望してしまうときもある。その症状の波も、うつになるとよくあるんです。

 

 

 

 

1日の中でも症状は違う

先程は日によって波がある、と書きましたが、実は1日の中でも症状が変わってくるんです。

朝は、とにかく憂鬱。また1日が始まるという不安。みんなが仕事や家事を始めたりする時間に、動き出すことが出来ない自分への自己嫌悪。そんなものが背景にあったりします。

時間が流れだすと、少しずつ調子は上向きになって、夕方ごろになると少し落ち着きます。みんなも働く時間が終わって、家に帰る時間。そんなことも、気持ちを落ち着けるポイントなのかもしれません。

少し穏やかに過ごして、寝る時間になるとまた憂鬱になることも。不眠の症状があると、また眠れないのでは…と不安になったり、悪夢を見ることを恐れたり。

そうやって、1日の中でも症状は変わっていくのです。

 

 

 

症状の変化を見守ってほしい

この症状の変化に苦しんでいるのはうつ病の患者自身。早く落ち着けて動けるようになりたいのに、思うようにならず、焦っています。早く良くならなければ、と。その焦りが逆効果になることもしばしばです。

症状の波が悪い方向へ向いたとき、「この間は出来てたんだから出来るでしょ」と無理に動かすのではなく、「そんな日もあるよね」と、その日出来ることを無理なくできるように後押ししていただけたら、と思うのです。今日は調子が悪かったから仕方がない、また調子のいい日にやればいいよと。

自分だけでは焦って空回りしてしまうから、まわりの人に一言言ってもらえるだけで、ずいぶん気持ちを落ち着けることが出来るものです。

 

 

 

まとめ

患者自身は視野がとてもせまくなっています。まわりの一言で、「あ、そうだよね」と気付くことが出来ます。

特別な支え方でなくてもいいから、そんな一言をかけてもらえたら患者本人は楽になれるんじゃないかな、と思います。

 

 

 

 

今日のおまけ

2014-03-10 11.32.23

窓際で寝るマリン。頭の上の物体は、サーフのマナーベルトが外れたやつです。

マナーベルト、外してやりたいんだけど、どうもトイレが覚えきれていないんだよね。。。夫が仕事再開する前に、ちゃんと覚えさせてもらおうかな。でも今更覚えてくれるのかしら。。。

Health, こころ

, , ,

うつだからって怠けてるわけじゃないんですー②症状には波がある

をみんなとシェア!

この記事を書いた人

ayako0420

当ブログの管理人:小松亜矢子です。

フリーライター/元ナース/元うつ病患者。福岡県出身、横須賀市在住。

関連する記事